強迫性障害になんて負けない!

再発予防

強迫性障害の治療を行なうことで、徐々に症状が回復していきます。
ただ、症状が軽減されたと思い、自分の判断で通院をやめる、薬をやめる・量を少なくするといったことは危険です。
完全に治るという診断が出るまで通院は行ないましょう。

精神疾患の場合、症状が回復傾向にあっても再び症状が現れてくることがあります。
再発の可能性を低くするためにはしっかりと完治するまで治療を続ける必要があります。これは強迫性障害だけに関わらず、どのような病気においても言えることです。
完治したかどうかは自分で判断するのではなく医師が判断することです。症状がないと感じていても医師が判断するまでは通院しましょう。

また、再発を予防するためには、規則正しい生活を送り、体調やストレスに気をつけて生活を送るようにしましょう。
心身ともに健康な状態であれば強迫性障害だけではなく、様々な精神疾患を防ぐことが出来ます。
再発防止方法は、どれも難しいことではないので、日頃の生活を見なおして改善するように努めましょう。

page_top